前へ
次へ

高く売れる着物が眠っているかも、アンテーク着物とは

アンティーク着物とは、大正や昭和初期時代などに作られた着物も含まれているのです。
アンティーク着物は、有名作家の作品で無くても、高い値で着物買取してくれる可能性があります。
大正や昭和初期における女性は、質素でしとやかな女性像が好まれていました。
現在の様な派手な着物では無く、淡い色合いが好まれていたのです。
背景には、外国との戦争などもあり、派手な内容は好ましくないと思われていたのかもしれません。
戦前は、男尊女卑の思想も強く、既婚の女性が他の男性に刺激を与えない考えなどもあったでしょう。
現在においては、大正時代、昭和初期時代に使われていた着物の染料が生産されていません。
簡素なレトロのデザインは、可愛く見えると評判が高く、需要も高いのです。
現在は、顔の化粧の技術も高まる中で、化粧を引き立てるためにレトロの方が望ましい気持ちもあるでしょう。
大正や昭和初期生まれの方は、健在の方もいるため、どこかのタンスに収まっているかもしれません。
その着物は、高く売れる可能性が潜在的に隠されています。

アンティーク着物を買い取りしてもらう

アンティーク着物の買い取りでは、中古というデメリットが少なからずあるということを念頭に入れましょう。
例えば、傷や汚れを確かめること、長襦袢の長さが着物と合っているのかもポイントになります。
何故なら、アンティーク着物は、小さめに作られていることが多いからで、いざ、コーディネートする際に、チグハグになる可能性があります。
査定するスタッフによっては、一式まとめて査定することがよくあります。
一つ一つがいい品であっても、まとめられれば、総合評価となるため、納得できる金額とはいかない可能性もあります。
着物の買い取りでは、万人受け・向けとなる色柄に評価がされていますが、長く使えるアイテムも同じく需要があります。
例えば、縞や格子、市松模様の紬の着物一枚あれば、便利と言われていますし、シンプルな着物の買い取りが多い店舗ならば、帯で遊ぶことができるため、帯を増やしたいユーザー向けに、多彩な帯を査定に出してみることもオススメです。

Page Top