前へ
次へ

どちらの買い取り店を活用しているのか

着物専門の買い取り店もあれば、何でも買い取るリサイクルショップもあります。
利用する人は、近場ということ以外でなら、どちらを選んでいるのでしょうか。
例えば、着物とアクセサリーの関係上で選んでいる人もいます。
留袖は、相手に敬意を表す着物で、アクセサリーは控えますし、着物自体が高価なアクセサリーと捉え、黒留袖に関しては、草履やバッグ一式を適正価格で買い取る専門店を選んでいらっしゃいます。
和のモチーフのピアスやリング、大ぶりのアクセサリーなどは、着物を引っ掛けてしまい、傷つけることもあり、浴衣をはじめ、紬着物に関してはリサイクルショップが選ばれています。
同じように、和のモチーフアクセサリーも、取り扱い品目に入っていることが多いのはリサイクルショップです。
また、季節感の取り入れによって選ぶ人もいます。
五節句など、限られた時期にしか着られない柄の着物は、やはり専門店を選んでいらっしゃいますし、冬時期に絽の半衿など、リサイクルショップのディスプレイの更衣の知識の無さを見て、あえて、リサイクルショップに夏着物を持ち込む人もいるようです。

リサイクルショップと専門買取業者の違い

着物を持っているとき、いろいろなところで買取をしてもらえます。
身近なところならリサイクルショップを利用するのがいいかもしれません。
自宅近くにもあるかもしれませんし、インターネット上でも多くの店を見つけることができます。
その他着物を専門的に買取る業者もあります。
ではリサイクルショップに持ち込むのがいいのか、専門業者に持ち込むのがいいのかです。
一概には言えませんが、元々数十万円以上で購入したものなら専門の業者に査定をしてもらった方がいいでしょう。
より正確に今の価値を査定してもらえます。
数万円から数十万円ぐらいで買い取ってもらえるかもしれません。
リサイクルショップは着物を専門的に査定する技術はないでしょう。
そもそも高級品を求めてくる人も少ないので、販売価格はあまり高くできません。
となるといい物でもあまり高い査定を期待することができません。
数千円から数万円ぐらいの査定になるでしょう。
安物の着物ならどちらでも同じような査定になるときもあります。

Page Top