前へ
次へ

生前整理で専門店を利用してみた

最近、終活や生前整理といったことがよく取り上げられるようになってきたこともあり、田舎の祖父母もこれらをやりたいと相談してきました。
特に祖母は昔から着物を着る機会が多く、たくさんの着物を持っています。
しかし、亡くなった後はその処分に困ることでしょう。
そんなわけで、祖母の着物を買い取ってくれる専門店を探すことになりました。
私も生前整理の手伝いに田舎へ行ったのですが、着物買取店は田舎には少なく、都会の方が高値で買い取ってくれるお店が多いことが分かったのです。
そこで私が着物を預かり、都会で買い取ってくれるお店を探すことになりました。
都会の着物買取店は査定額を比較しやすく、とても便利です。
出張買取も可能ですし、高値をつけてくれるお店もあります。
いくつかの店舗を比較し、一番高値をつけてくれた親身的なお店で買取を決めました。
もちろん祖母にも了承を得ています。
こうして買い取ってもらったお金は祖母の口座に振り込みました。
思い出の品々に高値がついて祖母も喜んでいました。

亡くなった義理母の着物を買取してもらいました

亡くなった義理母の家を整理していると、たくさんの着物を見つけました。
嫁入り道具で実家の両親から持たせてもらったものだと想います。
決して状態は悪くはなく、まだ着れるものもたくさんあります。
特に振り袖は絞り柄で高級感があり、美しいデザインでした。
親族で貰いたい人がいれば、引き取ってもらおうと考えましたが着る機会もありませんし、置き場所に困るので貰い手は見つかりませんでした。
捨ててしまうのはもったいないと思い、インターネットで調べると着物買取をしてくれる業者の存在を知りました。
インターネットで予約を入れると、後日担当者から連絡がきました。
着物の枚数や状態を伝え、訪問の日程を調整しました。
申込みが混み合っているらしく、2週間後になりました。
当日は担当者が1人で来られ、着物の状態を鑑定されました。
私たちには分からないシミや汚れまでしっかりと判別されプロの腕に感心しました。
思っていた以下の金額でしたが、捨てようと思っていたものが売れて、また誰かが使ってくれると亡くなった義理母も喜んでいると思います。

Page Top